発達障害(アスペルガー症候群・ADHD)とは

発達障害とは、中枢神経に何らかの機能障害があり、家族、学校、社会に上手くなじめない状態のことをいいます。
発達障害には一連の特徴的な傾向が見られることがあり、それぞれの特徴により、広汎性発達障害(自閉症、アスペルガー症候群)、注意欠如・多動症(ADHD)などに区別されます。

発達障害のある人は特性と理解されず、「変わった人」とか「問題児」として学校や家庭、社会に上手くなじめずに脱落してしまうことがあります。また上手く適応されている方でも、内心では上手く溶け込めていない感覚を感じながら生活したり、周囲に溶け込めるよう過剰に努力をして疲れてしまうことがあります。
発達障害に対する理解は少しずつ深まりつつあり、平成17年には発達障害者支援法が施行されるなど、法整備も進められていますがまだ十分とは言えません。

アスペルガー症候群とは

アスペルガー症候群は、広汎性発達障害の1種で自閉症と呼ばれる疾患の一部になります。自閉症では対人関係の障害とパターン化された興味や活動の2つの特徴を有し、知的機能や言葉の発達に問題があることがありますが、アスペルガー症候群の方には知的機能や言葉の発達に問題はありません。

治療に関しては、一概にこれが正解ということはなく、ご本人の強みを生かし、弱点を補うような環境をどのように作っていくか、生き方を模索していくことになります。周囲の方の理解や協力、御ご本人の努力や学習などを通して、社会で活躍できるよう取り組んで行きます。
状況によって、薬物療法を行うことがありますが、薬物は本人の性格やこころをかえるものではないため、怒りを制御したり過度の不安を減じるたりするなど本人の症状に合わせて必要な薬を使用します。

注意欠如・多動症(ADHD)とは

注意欠如・多動症は発達障害のひとつであり、脳機能の発達で何らかのアンバランスが生じている状態です。不注意や多動性、衝動性の障害によって自己を上手くコントロールすることが難しくなります。その結果、日常生活に支障をきたすようになり、周囲との人間関係が上手くいかなくなることもしばしば見られます。

ADHDの治療では、症状を無くすことにこだわらず、特性を生かし苦手な部分を薬物や対処の工夫で補いつつ充実した日常を送れるように支援していきます。

薬物療法では注意力を向上させたり、衝動性を抑えたりする薬剤を使用します。各薬剤はご本人の症状やご希望により選択をしていきます。

発達障害は他の精神疾患と異なり生まれつきの特徴であるため、児童、就学期の方の場合はご両親がお悩みになることがほとんどです。

児童思春期の方は、個々の方の発達の段階に応じた対応が必要となることが多く、治療には高い専門性を必要とすることから、当院クリニックでは18歳以上を目安とした大人の方の発達障害のご相談をお受けしております。

電話予約について

初診と再診の予約受付が可能です。事前予約はもちろん、当日予約も可能です。

電話番号:045-713-0026

なお、お電話での受付時間は以下のようになっております。

  • 月曜日/火曜日/木曜日…9:00~19:00
  • 金曜日…9:00~20:00
  • 土曜日…8:00~11:30
井土ヶ谷メンタルクリニック
診療内容
不眠症 うつ病 躁うつ病 統合失調症
パニック障害 社交不安障害 強迫性障害 適応障害 自律神経失調症 発達障害
院長
諸井 振吾
所在地
神奈川県横浜市南区井土ヶ谷下町213
第二江洋ビル3F
電話番号
045-713-0026
アクセス
京急線井土ヶ谷駅徒歩2分
…15:30~20:00 …8:00~11:30
休診日…水曜日、日曜日、祝日
※受付は診療終了時刻の30分前までとなります。
診療時間 日祝
9:00~12:30
14:30~19:00