不眠症について

睡眠について、以下のようなご症状はありませんか。

  • ベッドに横になってもなかなか眠れない
  • 夜中や早朝によく目が覚める
  • 睡眠をとっても熟睡できず疲れが取れない

このような状態は誰もが経験するため特に病気という訳ではありません。しかし、睡眠を取ることができない状態が長期間続くと、体調を整えることが出来なくなり、気持ちが落ち込んだり、頭ぼうっとして頭が働かなくなったり、集中しなくてはいけないときに眠気が出で集中できないなど、日常生活に支障を来たすことがあります。
深刻な影響がでる前に当クリニックを含めた医療機関へご相談ください。

このような症状の方はご相談を

  • ベッドに横になってもなかなか眠れない
  • 夜中に起きてしまい再び寝付くことができない
  • 朝早く目が覚めてしまう
  • 熟睡できず起きたときに疲れが残っている
  • 日中も眠たくて仕方がない
  • 居眠りを注意されたことがある
  • 就寝中に脚がムズムズしてよく眠れない
  • 眠っているときに脚が痙攣していると言われた
など

不眠のタイプについて

不眠症には主に4つのタイプがあります。
どれも「眠れなくて日常生活に支障を来たす」という点は同じですが、有効な薬物の種類が変わるため、どのような不眠の悩みを抱えているかを確認させていただきます。

1.入眠障害

入眠障害は寝つきが悪く、ベッドに入ってから横になってもすぐに眠ることが出来ないタイプです。

2.中途覚醒

中途覚醒は、寝つきは良いのに寝ている途中で目が覚めてしまうタイプです。

3.早朝覚醒

早朝覚醒は、明け方に目が覚めてしまうタイプです。

4.熟眠障害

熟眠障害は、時間的には眠れているものの、緊張などで眠りが浅く休めたと感じられないタイプです。

それぞれのタイプに合った「睡眠薬」を処方し、治療を行います。

不眠症の原因

不眠症は様々な要因によって起こります。
治療にあたっては眠りを妨げている理由をきちんと解決することが重要です。

心理的要因
不安、イライラ、人間関係の悩み、仕事の悩み、など
身体的要因
ホルモンバランスの変化、腎臓疾患などによる頻尿、痒みを伴う皮膚疾患、関節リウマチ高血圧、心疾患、糖尿病、など
環境的要因
季節の変わり目、子供の誕生、引っ越し、金銭的問題、転職、死別、合わないベッド・布団・まくら、騒音のある寝室、など
生活習慣的要因
喫煙、過剰な飲酒、カフェイン(コーヒーなど)の摂り過ぎ、薬の副作用、など

不眠症の治療法

不眠症の治療には、眠りを妨げる原因を解決した上で睡眠薬を使用します。

生活習慣の改善

生活習慣の改善方法としては、以下のような対策が効果的です。

夜勤などお仕事の関係で不規則な生活を送らざるを得ないこともありますので、当クリニックでは患者様お一人お一人の実情にあった対策を取るよう心がけております。

睡眠薬による治療

通常、不眠症には睡眠薬を用いる事が多いです。患者様のそれぞれの症状にあわせて、抗うつ薬や抗不安薬、抗精神病薬を使用することもあります。 睡眠薬を使うことに後ろめたさを感じたり、それがないと眠れなくなることに不安を感じられる方もいらっしゃいますが、当クリニックでは患者様お一人お一人のお気持ちを確認し、必要最小限の薬物治療を行っていきます。

井土ヶ谷メンタルクリニック
診療内容
不眠症 うつ病 躁うつ病 統合失調症
パニック障害 社交不安障害 強迫性障害 適応障害 自律神経失調症 発達障害
院長
諸井 振吾
所在地
神奈川県横浜市南区井土ヶ谷下町213
第二江洋ビル3F
電話番号
045-713-0026
アクセス
京急線井土ヶ谷駅徒歩2分
…15:30~20:00 …8:00~11:30
休診日…水曜日、日曜日、祝日
※受付は診療終了時刻の30分前までとなります。
診療時間 日祝
9:00~12:30
14:30~19:00