統合失調症とは

統合失調症は、以前は精神分裂病とも呼ばれていたましたが、2002年に日本精神神経学会より統合失調症に変更されました。統合失調症とは、感情、思考、行動をひとつにまとめていく能力が低下することで、幻聴や妄想といった症状が現れる精神疾患です。

多くの場合、10代後半~30代の思春期から青年期に発症し、発症の割合は男性の方がやや割合が高めです。なお100人に1人の確率で発病することから、頻度の高い病気であると言えます。

人の脳の働きは、脳に張り巡らされた神経のネットワークによって制御されています。目や耳などの五感から入った情報の処理、思考、感情などは、この神経ネットワークの働きによって生まれています。統合失調症では、こうした脳の働きをきちんとまとめることが出来なくなっている状態、「統合」が「失調」していることを意味します。
幻覚や妄想が出現することが多く、職場や学校で人と交流したり、家族と生活する際に支障を来たすようになります。

早期治療の重要性

統合失調症は、早期であれば適切な治療を行う事で大きく改善する可能性があります。早期に内服を開始し、そのままお仕事に戻られる方も沢山いらっしゃいます。一方、治療を行わないと病状が徐々に進行していきます。こころの病気は目に見えないことが多く、自然に治るだろうと考えて放置していると、脳の神経機能が徐々に低下してしまいます。

日常生活に幻覚や妄想といった症状が深く影響してしまってから治療を始めると、早期の治療に比べて改善できる事が限られてしまいます。ご本人、ご家族によらず、精神的な変調を感じましたらお気軽にご相談いただければとおもいます。

統合失調症の主な症状

陽性症状
  • 実在しない声が聞こえる
  • ありえないことを信じてしまう
  • 考えていることが実際の声となって聞こえる
  • だれかに見張られている気がする など
陰性症状
  • うれしい、悲しいといった感情が乏しくなる
  • 何事に対しても関心が持てない
  • 身だしなみに無頓着になる
  • 家族や友人ともコミュニケーションをとれない
  • 部屋に引きこもっている など
認知機能障害
  • 記憶力が低下した
  • 物事に集中できない
  • 計画的に行動ができない など

統合失調症の治療について

統合失調症の治療にはご家族様の協力も大切となります。
ご本人の治療が中心となるのは勿論ですが、こころの病気は自分の判断力が低下することも多く、周囲の方の理解、内服の促し等の協力を得ることは、治療の成果を上げ、再発を予防することにもつながります。実際の治療では薬物療法とリハビリテーションが中心となります。

薬物療法

薬物療法では、抗精神病薬とよばれる薬剤を使用します。抗精神病薬には脳内の神経伝達物質のバランスを整える作用があり、幻覚や妄想といった統合失調症の症状を軽減することが期待できます。抗精神病薬には複数の種類があり、ご本人の病状や副作用の有無などを考慮し種類と用量を選択します。症状に応じて睡眠薬や抗不安薬、気分安定薬などを併用します。

リハビリテーション

リハビリテーションでは、病気の知識をつけてストレスへの対処法を学ぶ「心理教育」、人間関係を築くための方法を練習する「社会生活技能訓練」、記憶力や集中力を身につける「認知機能リハビリテーション」などを行います。
当クリニックではデイケアなど実際のリハビリテーションを提供できる設備がないため、専門的なリハビリテーションをご希望の方は対応する設備のある医療機関にご紹介いたします。

井土ヶ谷メンタルクリニック
診療内容
不眠症 うつ病 躁うつ病 統合失調症
パニック障害 社交不安障害 強迫性障害 適応障害 自律神経失調症 発達障害
院長
諸井 振吾
所在地
神奈川県横浜市南区井土ヶ谷下町213
第二江洋ビル3F
電話番号
045-713-0026
アクセス
京急線井土ヶ谷駅徒歩2分
…15:30~20:00 …8:00~11:30
休診日…水曜日、日曜日、祝日
※受付は診療終了時刻の30分前までとなります。
診療時間 日祝
9:00~12:30
14:30~19:00